2006年 02月 23日
バズ・ソイヤー?
昨日、フィギュアスケートの話をしていたら妻がいきなりこんなことを言い出した。
「荒川選手のあの技、なんていったっけ? ほら、あれ、バス・ソイヤーみたいな名前の」
バズ・ソイヤー???  フィギュアスケートの技で???
少しの間をおいて、それが「イナバウアー」を指していることに思い当たり、大爆笑した。
イナバウアーは上体を大きく反らしながらゆっくり横に滑る官能的で優雅な技。荒川静香選手が世界最高の使い手だといわれているそうなのだが、で、バズ・ソイヤーは……だめだ、思い出したらまた笑いが込み上げてしまった。わっはっは。

気を取り直して……バズ・ソイヤーとは。
80年代半ば頃、頻繁に新日本のリングに上がっていたアメリカのレスラーで、つるつる頭に「い〜ひっひっ」という奇声と酔っぱらいのような挙動不審パフォーマンスがトレードマークだった。イロモノレスラーかと思いきや、突然切れ味鋭いスープレックスを繰り出したり、妙にグラウンドさばきも巧かったりと、その意味不明で底知れないキャラクターが通なファンに大受けだった。
私の記憶違いでなければ、武藤敬司選手と一度シングルで素晴らしい試合をしている。残念ながらすでに故人となっているが、ディック・マードック(ああ、マードックもすでにこの世にはいない……)と並んで私のもっとも好きな外国人レスラーの一人であった。
しかし、オリンピックの話をしていてバズ・ソイヤーという名詞が飛び出すのは世界中で我が家くらいのものだろう。元々、プロレス嫌いだった妻をそこまでの通にしてしまったのは私でありアントニオ猪木だ。夫婦揃ってのプロレス馬鹿。いつになったら治るのだろうか。
[PR]

by leicacontax | 2006-02-23 14:29


<< 女王様。      猫の日。 >>