2006年 04月 02日
格闘家 猪木の実像〜その3
〈格闘家 猪木の実像〜その3 己を知ることが強さへの第一歩〉

 道場における猪木のスパーリングの強さは若手時代から定評があった。キャリアを超越した猪木の寝技の強さには力道山も舌を巻いたと言われている。
 プロレス入りして数年もしないうちに、猪木はグラウンド・レスリングで頭角を現した。まだ体も出来ていなかった猪木は、パワーに勝る先輩や外国人レスラーに対抗するため、ごく自然の流れの中で寝技を己の武器に選んだのである。
 同期入門のジャイアント馬場について、猪木はこう語っている。
「道場でのスパーリングでは、寝技になってしまえば腕でも首でも極めるのはそんなに難しくなかった。しかし、脚を取ろうとすると物凄い力で跳ね返されてしまって、まったく技をかけられなかった。あの下半身の人間離れした強さには脱帽した」
 ライバルであるジャイアント馬場との如何ともし難い体格差を克服するためにも、寝技は猪木にとってもっとも重要な必修科目だったのだ。

 猪木はどのようにして寝技を体得したのか?
 以前、石澤常光(ケンドー・カシン)からこんな話を聞いた。
「グレイシーが出てくる前から、猪木会長にはチョークスリーパーを教えてもらっていました」
 新日本プロレスには、かつて、イワン・ゴメスというバーリトゥード王者が留学していた時期があった。木戸修、藤原喜明、佐山聡といった後の格闘技界に影響を与えるレスラー達が身に付けた関節技のバリエーションの幾つかは、その時に彼から学んだものだといわれている。ヒール・ホールドはその代表的な技で、勿論、猪木もそれを自分の技のレパートリーに加えた。
 しかし、チョークスリーパーに関して猪木に確認すると、意外な言葉が返ってきた。
「あれは誰かに教わったわけじゃない。実戦とスパーリングで自分なりに見つけた技なんだ」
 柔道式、レスリング式、柔術式と、同じスリーパーでも微妙に掛け方が違う。猪木の場合、そのどれも知らなかったことで、却って、それぞれの長所を素直に吸収することができたのだという。
「俺の腕が細くて長いという身体特徴とスリーパーはぴったりだった。この技は腕に筋肉がつき過ぎていると掛かりが甘くなる。見栄えが悪くても、骨張った腕の選手の方が効く。よくパンパンに力こぶを作って全身で締めてます、というやり方をしている選手がいるが、そいつは見かけ倒しだと思って間違いない」
 自分の身体特徴と合致した技が得意になるのは考えてみれば当然。好きこそものの上手なれとは真実で、実際、猪木はスパーリングの中で自分に合ったスリーパー以外のさまざまな技についても研究し、数々の発見を積み重ねていった。
 たとえ試合ではフィニッシュに使えない地味な技でも、技との対話を通して自分が強くなっていく実感。力道山から「プロレスは喧嘩だ」と教えられた猪木は、まずリアルに強くなる、それを優先したのである。
(つづく。文中敬称略)
[PR]

by leicacontax | 2006-04-02 18:19 | プロレス/格闘技/ボクシング


<< あずみ2〜Death or Love      今日のCD/Tom Cat >>