f0070556_1052943.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉

突然ですが、今週、私が久々に制作を手がけた書籍『小金さん 熱海百年芸者物語』が発売になりました(編集・本文構成・撮影・装幀を担当)。お近くの有名書店にお立寄の際には、皆様、ぜひ、お手に取ってご覧になってくださいますようお願い申し上げます。以下、書籍紹介のプレスリリースより抜粋。

NPO法人 復活熱海元気ですよ事務局は、この度、日本テレビ『ザ! 世界仰天ニュース』で百歳の現役最古参芸妓として紹介されて大反響を呼んだ小金さん(本名/鏑木賀代)の自叙伝『小金さん 熱海百年芸者物語』(四六判ハードカバー・224ページ)を発行致します。発売は東邦出版株式会社。価格は1500円(税別)。11月26日、全国一斉発売を予定しております。

f0070556_1172642.jpg本書の著者である小金さんは、1909年(明治42年)生まれ。9月に目出度く百寿(数えの100歳)を迎えました。13歳で小初として甲府若松町でお披露目。赤坂、白山の花柳界を経て、1958年(昭和33年)、熱海にて小金の芸名で再出発。以来、今年でちょうど半世紀。節目を迎え、先頃、小金さんはついに惜しまれつつ引退致しました。
 
本書は小金さんの偉大な功績を称え、芸に対するその真摯な姿勢を後世に語り継ぐことを目的にしています。しかしながら、明治、大正、昭和、平成という未曾有の激動の時代を生き抜いたドラマティックな一代記は、単なるノスタルジーには非ず、生きる意味を見出せずに途方に暮れる最近の若者や、将来への不安に怯える働き盛り世代など、あらゆる読者の胸に響く普遍のドラマとなっています。

キーワードは小金さんの口癖である「芸は好き。でも芸者は嫌い」。この矛盾する短い言葉に小金さんの喜びや哀しみ、波瀾万丈な人生が凝縮されており、そして、「生きてみなけりゃわからないことってある」という自叙伝のおわりを締め括る百年を生きた大先達の言葉に、読者は必ずや勇気と希望を見出すに違いありません。
[PR]
by leicacontax | 2008-11-29 11:18 | Comments(2)

関係各位から許可を取り付けることができましたので、今年の夏、週刊実話のモノクログラビア用に撮影した写真と記事をUPします。私が写真と文を担当する「傷だらけの肖像」というページは、現在、月に1度のペースで掲載。これまで他に、藤原喜明氏(プロレスラー)、藤田和之氏(プロレスラー・総合格闘家)、菊田早苗氏(総合格闘家)、緑健児氏(空手家・新極真会代表)、近藤有己氏(総合格闘家)といった格闘家、武道家の方々に登場いただいております。

f0070556_1885558.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉プロフィール/佐山サトル(さやまさとる)‘57年、山口県出身。本名、佐山聡。’80年代初頭、初代タイガーマスクとして一世を風靡。引退後、総合格闘技シューティング(現・修斗)及び市街地型実戦武道・掣圏道(現・掣圏真陰流)創設。’05年、リアルジャパンプロレス設立。

f0070556_1821915.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉
 
傷だらけの肖像・其の参 〜 毘沙門天を宿す覆面。

「内側から見るマスクは、ただの布切れでした」
 25年前──人気絶頂のまま突如プロレス界を去った天才・佐山サトルが語った言葉だ。
 その後、佐山は時代に先がけて総合格闘技〝修斗〟を創設するも離脱。紆余曲折を経て、近年、ついに自らが史上最高の武道と信じる〝掣圏真陰流〟の創造に至る。
 そんな佐山が3年前、〝ストロングスタイル復興〟をテーマにリアルジャパンプロレスを旗揚げ。初代タイガーマスクの勇姿を蘇らせた。
 試合後、こんな質問をした。
「今、マスクは内側からどう見えてますか?」
 虎の仮面の下から現れた汗だくの佐山は即座に答えた。
「タイガーマスクがファンと自分の大切な架け橋であることは重々承知しています。が、やっぱり内側から見えるのは布切れ。これを被れば強くなれるわけじゃないんです」
 汗まみれの覆面の裏側──その眉間には武神を意味する〝毘〟の刺繍が隠されていた。
(文中敬称略)
[PR]
by leicacontax | 2008-11-14 18:33 | プロレス/格闘技/ボクシング | Comments(6)

肖像写真。友人H。

f0070556_835983.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉

昨日、海外留学から帰国した若き友人H君と2年ぶりに会う。
素直と強情。繊細と大胆。自負と畏れ。
内なる二律背反に戸惑いながら揺れる様がよく似合う彼。
[PR]
by leicacontax | 2008-10-30 09:19 | Comments(0)

f0070556_22515089.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉高校時代の恩師・久家三夫先生の個展へ。場所は昨年と同じ、渋谷・東急本店8階美術画廊。一段と透明度を増した〝現代の祭壇画〟と呼ばれる久家先生の静謐なる祈りの世界。私にはまるで会場全体が、清浄な空気に充ちているように感じられました。
f0070556_23261717.jpg

f0070556_23274587.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉3連休を利用して福島県郡山市から来場されていた久家先生。普段、先生は画業の他に郡山女子大学短期大学部教授として多忙を極めているため、こうしてお会いできたのもちょうど1年ぶり。つい長居を決め込んで昼食まで御馳走になってしまい、かえって恐縮・・・。でも、私は楽しい話の合間を縫って写真を撮らせていただきながら、先生の顔色が去年よりずっとよくなられているのをたしかに感じ──なによりそれを嬉しく思っていました。「懐かしいという感情はそんなに悪いものじゃない。大切にした方がいい」何気ないその言葉も、胸に滲みました。先生、ありがとうございました。

〈アートワーク2─水によせて─久家三夫洋画展〉
 渋谷・東急本店8階 美術画廊にて2月13日(水)まで。
[PR]
by leicacontax | 2008-02-12 01:02 | アート | Comments(2)

ニコの肖像。

f0070556_5105249.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉
[PR]
by leicacontax | 2007-12-08 05:11 | Comments(2)

肖像写真。

f0070556_23585259.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉カレイドスコープ昔館専属アーティストの香川亮さん。29歳。大学時代、カレイドスコープ昔館と出会って初めて万華鏡作家を志したのだとか。先日、私は香川さんの作品を知人への贈り物として購入し、作家自身の手によって丁寧にラッピングしていただいたのですが、そのときの、しばし別れを惜しむように作品を眺めていた彼の表情がとても印象的で、ああ、いいモノを買わせてもらったと、こちらまで温かい気持ちになりました。もちろん、贈り物がたいへん喜ばれたことは、いうまでもありません。
[PR]
by leicacontax | 2007-09-15 00:31 | Comments(2)

肖像写真。

f0070556_3522986.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉取材でジョー山中さんにお会いしてきました。3オクターブの声を持つ、日本のロック、レゲエの先駆者。私世代にとっては映画『人間の証明』のジョニー・ヘイワード。mama,do you remember──あの胸に滲みる歌の英訳もまた、ジョーさん自身によるものでした。
f0070556_353184.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉ジョーさんは昨年、還暦を迎えられたそうですが、今も熱いライブを精力的に行っています。一般にはあまり知られていませんが、'90年代からはライフワークとして世界の紛争や飢餓に苦しむ地域を訪れてボランティア活動を展開なさっていて、すでにその国の数は20を超えています。拝見させていただいた記録ビデオの中、難民キャンプの子供達の輪に分け入ってアカペラで歌うジョーさんとそれを自然に受け入れてはしゃいでいる子供達の姿──思わずジンときました。
ジョーさん、貴重なお話の数々、本当にありがとうございました!
[PR]
by leicacontax | 2007-09-13 04:30 | Comments(3)

肖像写真。

f0070556_0485429.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉人物写真が撮りたくて、仲良くしていただいている和田良覚さんにモデルをお願いしました。殺伐としたリングで格闘家たちの生命を預かるレフェリーと、アスリートの身体能力を極限まで引き出すフィジカル・トレーナーといういずれも厳しい職業に穿たれたプロフェッショナルの顔。その迫力、少しは伝わりましたでしょうか。
f0070556_1155348.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉和田さんは肉体的には威圧感たっぷりですが(笑)、素顔は物腰の柔らかい優しい人です。温厚篤実。義理人情に厚く、誠実な彼こそ「格闘技界の良心」だと私は思っています。笑顔の素敵な人は、いい仕事をします。

和田良覚(わだりょうがく)プロフィール
1963年2月25日、茨城県出身。174センチ94キロ。1991年、UWFインターナショナル旗揚げにレフェリーとして参加。同年5月10日、東京・後楽園ホールにおける田村潔司vs.垣原賢人で初レフェリング。その後、キングダム、リングスへ移籍。前田日明引退試合、高田延彦引退試合他、K-1、PRIDE、HERO'S等で幾多の名勝負を裁く。’04年9月、猪木事務所移籍。’06年1月、フリーランス転向(ハイパーストレングス代表)。現在、豊富な経験を活かし、フィジカル・トレーナー兼レフェリーとしてさまざまな団体やイベントに協力。プロ格闘家、プロスポーツ選手、オリンピック選手等、さまざまなアスリート達のさらなる能力開発にも一役買っている。
[PR]
by leicacontax | 2007-09-01 01:18 | プロレス/格闘技/ボクシング | Comments(21)

f0070556_17325161.jpg
「水汲み」キャンバス・アクリル・金箔 2006年作 10号F

私の恩師・久家三夫先生の個展のお知らせです。

〈 ─水によせて─ 久家三夫 洋画展 〉
■場所  渋谷・東急本店8階 美術画廊
■期間  2月8日(木)〜14日(水)
■時間  11時〜19時(最終日は17時迄)
〈略歴〉
1947年 福島県生まれ
1973年 東京芸術大学美術学部ヴィジュアル・デザイン専攻卒業
第42回福島県総合美術展文部大臣奨励賞
第81回・第82回春陽展奨励賞  
第38回現代美術選抜展
現在、春陽会会員・日本デザイン学会会員・郡山女子大学短期大学部生活芸術科教授

f0070556_20384426.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉

先生、16年ぶりにお会い出来て本当に嬉しかったです。
記念に今日の写真、UPさせていただきます。
[PR]
by leicacontax | 2007-02-08 19:54 | アート | Comments(0)

昨年末に取材したカシアス内藤さんのインタビュー記事が、今週発売の『週刊実話』(日本ジャーナル出版)に掲載されました。内藤さんは沢木耕太郎氏のベストセラー・ノンフィクション『一瞬の夏』の主人公として、また、アリスの名曲『チャンピオン』のモデルとしても知られる伝説の天才ボクサー。
3年前、突如、末期の中咽頭ガンに冒されている事実をマスコミに公表。以来、闘病を続けながら、一昨年には長年の夢であったボクシングジムを開設。現在、後進の育成に日々心血を注がれています。その内藤さんの肉声を、4ページにわたる特別インタビューの枠でじっくり書かせていただきました。
「完治はない。だけど(ガンを)消滅させることはできる。今のまま生きられればやりたいことができるんだから、共存でいいんだよ」
引き分けでいいと笑みを浮かべて語っていた内藤さん。しかし、その眼は、あきらかに勝利を見据えた勝負師そのものでした。
ぜひ、ご一読のほどを!

f0070556_216342.jpg
〈LEICA D-LUX2〉 ジムで何枚か撮らせていただいた写真からベストショットを1枚。このポートレート、とても気に入っています。
[PR]
by leicacontax | 2007-02-03 02:29 | Comments(2)