2016年の景色。17歳。

f0070556_23362221.jpg

愛猫ニコは17歳になりました。美猫ぶりは相変わらず。でも、最近は耳も遠くなって寝てばかり。

f0070556_23363117.jpg


来年も健やかに歳を重ねられますように。




[PR]
by leicacontax | 2016-12-17 23:41 | Comments(0)

ニコの肖像。

f0070556_139102.jpg

ニコ、16歳。
元気です。
[PR]
by leicacontax | 2015-11-24 13:11 | Comments(0)

くつろぎのひととき。

f0070556_01335097.jpg

〈RICOH GR〉 



[PR]
by leicacontax | 2013-11-13 01:36 | Comments(0)

ニコの肖像。

f0070556_22262938.jpg

〈RICOH GR〉  ニコ、14才。元気です。



[PR]
by leicacontax | 2013-11-12 00:00 | Comments(0)

閑話休題。

ひさしぶり。
愛猫ニコの何もない、何もしない日常。
f0070556_11163287.jpg
f0070556_11164312.jpg
f0070556_11165684.jpg
f0070556_1117620.jpg
f0070556_11172012.jpg
〈LEICA DIGILUX3/RAW +SILKYPIX Developer Studio 3.0〉
[PR]
by leicacontax | 2009-05-28 11:20 | Comments(4)

飛行機にのった仔猫。

少し前、スペイン在住barramedaさんのブログに、愛猫ニャンタマとの切ない別れの様子が掲載されて、つい、こちらまでしんみりしてしまいました。
元々、ニャンタマはbarramedaさんが揚げた天麩羅(フリッターだったっけ?)の匂いに誘われて迷い込んで来た野良猫。当時まだ仔猫だったニャンタマはいろいろあった末に晴れてbarramedaさん家の一員に。今年に入ってからは信じられないくらい可愛い仔猫まで産んで──以来、barramedaさんのブログは徐々に愛くるしい猫写真に溢れ、私はもちろん多くの方がニャンタマとその子供たちに魅了されて大ファンとなり、いつしか皆さん、すっかり親戚のおじさんおばさんと化して、ずっとその成長の様子を見守り続けてきたのです。

先日、細かい事情はわからないのですが、そのニャンタマがbarramedaさんのもとを離れてスペインからはるばる飛行機にのって日本へ。ニャンタマを見送るbarramedaさんのセンチメンタルジャーニーの様子も切なかったのですが、親戚のおじさんとしては、とにかく人間でも大変な長旅──その後、体調を崩していないか、はたまた気候も水もまったく違う日本に順応出来そうなのか、とても心配していたわけです。
で、昨日、barramedaさんのブログにUPされた最新情報によると、日本に到着したその日からニャンタマは異国の気配や空気にもまったく動ずることなくいたって元気。すっかりリラックスして眠りこけているとか。さすがニャンタマ! やはり奴は自ら運命を切り拓く猫だと感心しながら、ようやく私も安堵。

ニャンタマの旅の様子を見て、私も一度、仔猫を連れて飛行機に乗ったことを憶い出しました。
五年前の夏の終わりのこと。私の家の近所で仔猫の鳴く声が聞こえ、最初はすぐにいなくなると思って放っておいたのですが、その声は夜通し続いて朝まで止まず、二日目に入っても一向に収まりませんでした。ちょうど台風が接近して天気が崩れてきたこともあり、三日目の明け方、とうとう私は居ても立ってもいられなくなって外へ出て、鳴き声のする辺りを探しまわり、どうにか保護して家へ連れ帰ったのでした。
ところが、我が家の愛猫ニコは完全な室内育ちの外界知らず。それはもう物凄い剣幕で仔猫を拒絶。危険すら覚えたため、やむなく、家で面倒を見るのを断念。すぐさま誰か可愛がってくれそうな人はいないかと飼い主探しをしたのですがこれも見つからず、結局、金沢の妻の実家に面倒をみてもらうことになったのです。

朝一番でかかりつつけの獣医さんへ仔猫を連れて行き、病気や怪我がないかどうか診て貰い、シャンプーと蚤とりの処置も済ませて空港へ(捨て猫を保護したのだと話すと獣医さんは診察代を半額にしてくれて、知り合いの信頼出来る金沢の動物病院まで紹介してくれました)。駅へ向かう車の中、しきりにミャアミャア訴えるのでカゴの蓋を開けて撫でてやると、保護しようとした際、仔猫とは思えない野獣の迫力で抵抗し、今も消えないくらいの傷痕を私の指と手首に残した張本人が、ゴロゴロと喉を鳴らし始めたのにはぐっときてしまいました。

空路、羽田から小松へ。金沢市内の妻の実家に到着してカゴの蓋を開けると、仔猫は中から顔を出すや否や、不思議なことに、まるで最初からそこが自分の居場所だとわかっていたかのように義母の膝の上へまっしぐら。義母の顔をじっと見つめると、安心しきったように体を伸ばし、そのままスースーと寝息を立てて熟睡。なんともいえない、幸せなワンシーンでした。仔猫は遊びに来ていた小学生の姪に「ミーちゃん」とその場で命名され、以来、近所でも評判の人気者。皆に可愛がられて今日まで幸せに暮らしています。

f0070556_2371331.jpg

金沢に到着。カゴの中からミーちゃんが顔を出した記念すべき瞬間。この写真(2枚目の写真も)、どういうわけかデータが消失してしまっていたのですが、幸いな事にプリントが残っていたのでそれを複写しました。やっぱりお気に入りの写真は、こまめにプリントしておくべきですね。
f0070556_2381015.jpg

ちいちゃい背中でした・・・。
f0070556_2383621.jpg

新しい家の中を探検した後、ばったり行き倒れたように爆睡(笑)。
f0070556_2393100.jpg

この晩、ミーちゃんは私の枕の横に丸まって一緒に寝てくれました。ふと目を開けると顔のそばでじっと私を見つめていて、たった一日いっしょに過ごしただけなのに、翌日には別れなくてはならないことが、無性に切なくなったのを憶えています。
[PR]
by leicacontax | 2008-11-08 20:00 | Comments(4)

ニコの午後。

f0070556_556512.jpg
〈RICOH GR DIGITAL/40mm〉
f0070556_5564139.jpg
〈RICOH GR DIGITAL/40mm〉「GRブログ トラックバック企画 猫 参加」
[PR]
by leicacontax | 2008-05-23 05:59 | Comments(2)

東京タワー765/766/767

f0070556_233658100.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉昨日、雪の節分。昼の間はタワーも見えないほどの降りでした。
f0070556_23381954.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉しかも、みぞれ。この前、雪の撮影でカメラをびしょびしょに濡らしてしまった私は、今回、悔しいけれど外出を断念。それでも未練たらしく窓から撮影していると、ニコが外の様子を覗きに。へんな顔。
f0070556_2340297.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉雪が小康状態に変わって視界がよくなれば、六本木ヒルズか貿易センタービルの展望台まで行ってタワーを撮ろうと思っていたのですが──結局、最後は雨。東京の雪景色は、またしても泡沫(うたかた)でありました。残念。
[PR]
by leicacontax | 2008-02-04 00:00 | 東京タワー | Comments(2)

f0070556_16102386.jpg

昨晩、風邪でぐずぐずになりながらネットを眺めていたら、ついにGR-D40mmテレコンバージョンレンズ(35mm換算)発売とのニュース発見! はやる気持ちを抑えきれず、さっそくビックカメラやマップカメラのサイトへアクセス。ところが、いずれのショップでも入荷待ちあるいは注文販売との注釈付きでがっかり。
この40mmコンバージョンレンズ、かなりのGR-Dユーザーが待ち望んでいたアクセサリーだけあって、やはり当分は争奪戦必至の気配。いま手を打っておかないといつ入手できるかわからないと気を取り直し、今朝10時、有楽町のビックカメラへ直行。ひょっとして、在庫品すべてに売約が入っているのではないかとの不安もよぎったものの、カメラ売り場に一番乗りしてみると、発売日は昨日、さすがに今日の時点ではそこまで品薄には至っていなかった。
で、すんなり購入できてひと安心。風邪で体調が思わしくないため、家に帰ってから試し撮りするつもりだったのだけど、我慢しきれず帰路の途上で開封してセッティング。新橋駅前でさっそくテストした。

f0070556_1629146.jpg
〈RICOH GR DIGITAL +40mmテレコンバージョンレンズ〉
GR-DやDIGILUX3の28mmの画角に感覚が慣れきってしまっている私には、初めて体験する40mmの画角は思った以上の違和感だった。しかも↑の写真を見ていただいてもわかるように、このコンバージョンレンズ、けっこうでかくて重い(21mmワイドコンバージョンレンズよりあきらかに重たい)。まるで別のカメラを操作しているように全然しっくりこない。おまけに逆光の場面で光学ファインダーを覗こうとして、純正ファインダーが28mmと21mmにしか対応していないことにも思い当たり、結局、見にくい液晶モニターで構図の垂直だけおおまかに意識してシャッターを切ることとなった。
他にも数カット撮影。しかし、片手に荷物を持ちながらだったこともあり、ほとんど手ぶれを起こして失敗(21mmではそんなこともあまりないのだが・・・)。この重量バランス。慣れるまで、しっかりホールディングしないと駄目なようだ。
とはいえ、肝心の画質は文句なしだった! ズームレンズで味わえない単焦点GRレンズ特有のクリアさは少しも損なわれていない。大袈裟でなく、コンバージョンレンズ1本追加しただけでまったく別のGR-Dを手に入れたような満足。GR-D2が発売され、旧モデルとなってしまったGR-Dというカメラだが、ここにきてまさかのリフレッシュ! まだまだ楽しませてくれそうだ。
f0070556_1951258.jpg
〈RICOH GR DIGITAL +40mmテレコンバージョンレンズ〉
[PR]
by leicacontax | 2007-12-30 17:43 | Comments(4)

ダイエット失敗。

f0070556_12591987.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉「トラックバック企画 猫 参加」
[PR]
by leicacontax | 2007-12-13 13:01 | Comments(6)