<   2008年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 30日
都心の紅葉。
f0070556_17425079.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉芝公園。弁天池の秋。
[PR]

by leicacontax | 2008-11-30 17:26 | Comments(6)
2008年 11月 30日
東京タワー1106
f0070556_12471541.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉大展望台に誇らしげな〝50〟の文字。いよいよ明日は東京タワー開業50周年記念のライトアップイベント。18:30〜18:45に予定されている「アニバーサリー・プログラム」に続いて、新ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」がスタートするのだとか。せっかくなのでもっともタワーが美しく見える六本木ヒルズの屋上展望台から撮影しようかと思ったのですが、よくよく考えてみれば、いつも見ている我が家の窓からの景色こそが唯一無二。自分にしか撮れない東京タワーは、この窓枠の中にある・・・そう気付きました。明日は、いつも通り、ここからシャッターを切ります。
[PR]

by leicacontax | 2008-11-30 13:04 | 東京タワー | Comments(2)
2008年 11月 30日
東京タワー1105
f0070556_2384034.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉
[PR]

by leicacontax | 2008-11-30 00:00 | 東京タワー | Comments(6)
2008年 11月 29日
肖像写真。熱海の小金姐さん。
f0070556_1052943.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉

突然ですが、今週、私が久々に制作を手がけた書籍『小金さん 熱海百年芸者物語』が発売になりました(編集・本文構成・撮影・装幀を担当)。お近くの有名書店にお立寄の際には、皆様、ぜひ、お手に取ってご覧になってくださいますようお願い申し上げます。以下、書籍紹介のプレスリリースより抜粋。

NPO法人 復活熱海元気ですよ事務局は、この度、日本テレビ『ザ! 世界仰天ニュース』で百歳の現役最古参芸妓として紹介されて大反響を呼んだ小金さん(本名/鏑木賀代)の自叙伝『小金さん 熱海百年芸者物語』(四六判ハードカバー・224ページ)を発行致します。発売は東邦出版株式会社。価格は1500円(税別)。11月26日、全国一斉発売を予定しております。

f0070556_1172642.jpg本書の著者である小金さんは、1909年(明治42年)生まれ。9月に目出度く百寿(数えの100歳)を迎えました。13歳で小初として甲府若松町でお披露目。赤坂、白山の花柳界を経て、1958年(昭和33年)、熱海にて小金の芸名で再出発。以来、今年でちょうど半世紀。節目を迎え、先頃、小金さんはついに惜しまれつつ引退致しました。
 
本書は小金さんの偉大な功績を称え、芸に対するその真摯な姿勢を後世に語り継ぐことを目的にしています。しかしながら、明治、大正、昭和、平成という未曾有の激動の時代を生き抜いたドラマティックな一代記は、単なるノスタルジーには非ず、生きる意味を見出せずに途方に暮れる最近の若者や、将来への不安に怯える働き盛り世代など、あらゆる読者の胸に響く普遍のドラマとなっています。

キーワードは小金さんの口癖である「芸は好き。でも芸者は嫌い」。この矛盾する短い言葉に小金さんの喜びや哀しみ、波瀾万丈な人生が凝縮されており、そして、「生きてみなけりゃわからないことってある」という自叙伝のおわりを締め括る百年を生きた大先達の言葉に、読者は必ずや勇気と希望を見出すに違いありません。
[PR]

by leicacontax | 2008-11-29 11:18 | Comments(2)
2008年 11月 29日
東京タワー1103/1104
f0070556_8583585.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉品川駅港南口辺り。
f0070556_8591698.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉タワーを目指して歩けば歩くほど景色が侘しくなるのは、港の近くだけだ。
[PR]

by leicacontax | 2008-11-29 09:14 | 東京タワー | Comments(0)
2008年 11月 28日
夜光写真。〈33〉〈34〉
f0070556_12195617.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉先日、なんとなく思い立って、気まぐれに品川駅から東麻布まで江戸時代のようにてくてく歩いて帰ってしまいました。その距離はJR2駅と地下鉄2駅相当。途中、夕暮れは完全に夜に変わり、寒さと港湾地区独特の寂しい雰囲気に強く後悔。それでも、遥か遠くに光る東京タワーを目指してとにかく前進を続けると、突如、こんな昭和な風景が目の前に。
f0070556_12201380.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉懐かしさと同時に、狐、いや、狸に化かされたような奇妙な気分に・・・。足が疲れて、ちょうど小腹なんかも空いてきていましたが、暖簾をくぐったが最後、元の世界には戻れない様なそんな気がして中には入れず。いまこうして写真で見ても、夢だったようです・・・。
[PR]

by leicacontax | 2008-11-28 12:46 | 夜光写真 | Comments(4)
2008年 11月 28日
東京タワー1101/1102
f0070556_128943.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉
f0070556_1284048.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉
[PR]

by leicacontax | 2008-11-28 12:09 | 東京タワー | Comments(0)
2008年 11月 27日
東京タワー1098/1099/1100
f0070556_1162166.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉東京タワーのある秋色三景。
f0070556_11984.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉愛宕の辺り。モダンなビルと寺町が共存する不思議なエリア。
f0070556_1193424.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉*画像クリック=拡大
[PR]

by leicacontax | 2008-11-27 11:10 | 東京タワー | Comments(2)
2008年 11月 26日
東京タワー1097
f0070556_2212882.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉澄み切った青空。雨に洗われたタワー。
[PR]

by leicacontax | 2008-11-26 00:00 | 東京タワー | Comments(0)
2008年 11月 25日
熱海の海。
f0070556_21544180.jpg
〈RICOH GR DIGITAL〉
[PR]

by leicacontax | 2008-11-25 21:55 | Comments(2)