<   2006年 05月 ( 69 )   > この月の画像一覧

2006年 05月 31日
腹が立っている。
腹が立っている。
格闘家の桜井〝マッハ〟速人選手が道を歩いていて車に接触され、あろうことか逆ギレした運転者に暴行を受けた事件だ。
この事件、自分にも起こりうるだけに怒りも大きいのだが、それ以上に腹立たしかったのが一部マスコミの報道の仕方。最悪だったのが『〝マッハ〟素人に「KO」されていた』という見出し。まるでプロの格闘家が素人に殴られたのが恥ずかしいとでも言いたげなその見出しはあまりにも不愉快過ぎた。
別の新聞のインタビューで、桜井選手は暴行を受けても手出しをしなかった理由をこう述べている。
「自分は道場で子供たちにも教えている立場。格闘家が素人を殴るわけにはいかない。よけたりしても相手を逆上させるだけ。あえて殴られるしかなかった」
『桜井マッハ速人暴行受けてもプライド守る』という正しい見出しを立てた他のマスコミもあるので、それで報道全体としては一応、バランスは保たれた形になっている。しかし、スポーツ新聞とはいえマスコミに変わりはない。他社とは違う立場や切り口で部数を伸ばさなければならないという事情があるにせよ、そもそもがルールに則ったスポーツを取材して世の中に伝える役割のはず。この場合(桜井選手には100%非がない)、桜井選手のプロフェッショナルな対応は称えられても貶められなければならない理由はないだろう。
「素人の一人や二人、軽くひねり潰してほしかった」あるいは「素人のパンチなんか簡単によけきれたのではないか」といった見方は当然あると思う。しかし、それは無責任な空想であり、興味本位にすぎる。現実社会は劇画ではない。

以前、お世話になっている真樹日佐夫先生からこんな話を伺ったことがある。
「〝バウンサー〟(酒場などの用心棒)は、柄の悪い客をつまみだすのが仕事だけども、彼らはほとんど客には手を出さない。興奮している相手を落ち着かせて、出来る限り、穏便に帰ってもらう。そのためにどうすると思う? わざと一発殴らせるんだよ」
とくに海外では銃を所持している相手もいるため、どんなに腕に覚えがあろうと、うかつなファイトは命取りなのだとも教授していただいた。
昨今は物騒な刃物を携帯している輩も街には少なからずいる。狭い道と友人の連れがあったという状況下。桜井選手の判断はまったく正しかった。

こういう事件が起ると、その報道の向こうに世の中の本音が透けて見える。
格闘技は喧嘩。格闘家は喧嘩屋。まだまだ格闘技は競技として認知されていない。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-31 21:44 | プロレス/格闘技/ボクシング | Comments(4)
2006年 05月 31日
今日のCD/修羅場 - Single
修羅場 - Single/東京事変

【今日の曲】修羅場
[PR]

by leicacontax | 2006-05-31 02:59 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 05月 31日
東京タワー91
f0070556_2473389.jpg

東京プリンスホテル・パークタワーのカフェから見える景色。
水の流れ落ちる壁面と西日を浴びる東京タワーのコントラスト。
新しいビューポイント。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-31 02:52 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 05月 31日
新橋演舞場特撰落語会 談志・志の輔 夢一夜
f0070556_2252130.jpg新橋演舞場にて「談志・志の輔 夢一夜」を妻と堪能。天才・立川談志とその弟子にして当代随一の人気落語家・立川志の輔の二人会である。

最近、テレビやポッドキャスティングなどでちょくちょく楽しんでいるが、実は、生で落語を聞くのは夫婦揃ってこの日が初めて。この夜、収容人員1400名以上の大劇場は掛け値なしの満員。新橋演舞場での落語会は19年ぶりということだが、その熱気は凄まじかった。

幕が開くと、花道に談志が現われる。いきなりの大真打ち登場に場内、割れんばかりの拍手。談志は歌舞伎の弁慶のように六法を踏む格好をして爆笑を誘い、それから、ゆっくり会場の一階席から三階席まで見渡しながら高座へ。そしてなんと、座布団に正座するなり、両手を上げて「キムジョンイルマン×〜!」「オマン×〜!」。場内騒然。後から登場した志の輔曰く、「師匠の行動は予測不可能。予想通りに事が運んだことは一度もありません」「何事も緻密に計算していながら、やることは正反対」。果たして、花道から高座へ上がるというそれだけの行動で大会場はすっかり談志ワールドと化したわけで、それはまるで、登場するだけでどんな空間も自分の色に染めてしまうあの人、アントニオ猪木のようだった。

f0070556_2285850.jpg肝心の落語はというと、談志自身「体力がなくてコンディションを整えられない」「もう駄目。これが最後」と噺を演じるより愚痴っている時間の方が長い。ところが、それが面白い。アドリブの軌道の外し方が独特で、それ自体が見事な話芸になっているのは言うに及ばず、忘れた頃に唐突に挿入される本筋の噺も一瞬煌めきをみせてはまた外れて、はっきりいって元の噺を知らなければ何が何やらわからない。古典のはずが予測不能。しかし、物語は分断されているというのに、その場面の登場人物の感性や感情は不思議なくらいストレートに伝わってきた。とくに、第二部で演じた「子別れ」という噺の中で、酒と色に狂って女房子供を捨てた父親が、3年ぶりに偶然我が子と再会し、そこで小遣いをやる場面。子供の「これで色鉛筆が買える。あたい、青い色鉛筆が欲しいんだ。海の絵が描きたいんだ」というセリフには意表をつかれてぐっときてしまった。
初めて体感した談志の落語の面白さは、何十回、何百回と観ている大好きな映画の、自分にしかわからない快感のツボだけを早送りしながら何度も味わっている、そんな気持ち良さに似ていると、そう思った。(写真は休憩時間、ロビーに現れた談志師匠)

一方、志の輔の落語は、その巧さにほとほと感服。テレビタレントとしての顔ばかり見てきたせいで知らず知らず色眼鏡で見ていたようで、失礼ながら、正直、これほどの噺家だとは思っていなかった。一寸先も読めない師匠の落語とは打って変わった正当派。古典は古典らしく正確で誠実な語り口で、新作も構成、ディティールとも練り込まれていて隙がない。
会の最後、「今、一番、落語が巧いのはこの男。小朝とはモノが違うよ」と談志師匠は弟子の志の輔をべたぼめ。その表情はなんともいえず誇らしげだった。(文中敬称略)

f0070556_2294187.jpg

[PR]

by leicacontax | 2006-05-31 02:34 | 歌舞伎/演劇 | Comments(0)
2006年 05月 30日
今日のCD/Electric Samurai
Electric Samurai/布袋寅泰

【今日の曲】Battle Without Honor Or Humanity

「任侠」「カンフー」「西部劇」「アニメ」「女子高生」・・・
タランティーノが自分の趣味を力ずくで繋ぎ合わせた
世界最強のオタクムービー〝キル・ビル〟のテーマ曲。
「燃えよドラゴン」「炎のファイター」以来のアドレナリン・ミュージック。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-30 00:25 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 05月 30日
東京タワー90
f0070556_23504343.jpg

過去を顧みず未来だけを追求する高度成長の象徴だった東京タワーも、
いまでは昭和という過去を保存する記憶装置の役割を与えられた。
しかし、その周りでは、常に終わりのない都市の新陳代謝が繰り返されている。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-30 00:07 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 05月 29日
今日のCD/The Very Best Of Shakatak
The Very Best Of Shakatak/Shakatak

【今日の曲】Livin' In The UK

バブル時代
トレンディドラマの気分を彩った〝KING OF BGM〟
[PR]

by leicacontax | 2006-05-29 01:48 | 今日のCD | Comments(2)
2006年 05月 29日
東京タワー89
f0070556_1363853.jpg

東京タワーと鉄のオブジェ。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-29 01:42 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 05月 28日
ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語
金曜と土曜の二夜連続ドラマ「ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語」(フジテレビ21:00〜)を観た。渡辺プロダクション創始者・渡辺晋の生涯と戦後芸能史を描いたこのテレビドラマ。夕飯を食べながら何気なく観始めたのだが、気がつけば没頭していた。

オープニングは初めてのテレビの前に近所中の人々が集まって大騒ぎになるという、昨今の昭和レトロブームの映画やドラマではお約束のエピソード。CGを駆使して再現された昭和30年代の下町の場面には、もはや、懐かしさというより、その昭和テーマパーク的なビジュアルの定型化が鼻につき「なるほど、ブーム便乗企画なわけね」と鼻白んでしまった。だが、すぐ、古いテレビ映像とメインのドラマ部分の場面転換の映像シンクロの見事さに感心して引き込まれた。
オンエア前に番宣(番組宣伝のスポットCM)で流れていたのは、現在の俳優が演じる往年の芸能界の再現場面ばかりだった。そのチープさ加減が気恥ずかしくてそれであまり期待する気になれなかったのだが、現在のハイビジョンモニターで見るとみすぼらしさばかりが目につく当時のテレビセットの再現が、スーっとドラマの中の解像度の低いモノクロテレビの画質にオーバーラップするように変化すると、驚く事に、かつて見たブラウン管が目の前に出現! セットのチープさはその時代の映像技術と受像機の性能を前提にした計算で、おそらくは実際もそうだったに違いないとすっかり納得。CGによるのっぺりした昭和の風景の再現には重きを置かず、微妙な映像そのものの質感にこだわった細やかな演出が、気持ちよく時代の空気感を表現していた。とにかく、ドラマ全体を通して、当時の映像素材と再現シーンの融合がこれほど違和感なく自然に感じられたテレビドラマは初めてだった。

ドラマの中身はというと、渡辺晋という芸能界の大立て者のサクセスストーリーの上澄みの部分のみで構成されているといった感じ。若き日、バンドマン時代に仲間のミュージシャンが借金苦で自殺を図ったり、手塩にかけた所属タレントが金につられて簡単に移籍したり、芸能プロ社長として成功してからはショービジネスを一段低いものと見下す財界に必死に取り入ろうとしたりするネガティブなエピソードも幾つか描かれているが、あえて生々しい後日談は一切語られてない。
といって、それは当の渡辺プロダクションと主要な舞台になっているフジテレビが制作した手前味噌なドラマの限界というわけではなく、そこはやはり、〝夢を見る力〟というドラマのテーマを尊重した制作者の意図のように私には感じられた。どんなに表面を取り繕っても、相変わらず興行の世界には闇が存在する。闇の世界に触れてしまえば、どうしてもドラマに一抹の虚しさが宿る。闇は光をのみこんでしまう。制作者はそれを避けたかったのだろう。

それにしても、このドラマには見事なくらい私の幼年期の記憶がぎっしり詰まっていた。劇中で使われた「シャボン玉ホリデー」のオリジナルのコントシーンなど自分でも意外なほどはっきり憶えていたし、クレージーキャッツやザ・ピーナッツの映像を呼び水にして、その頃の記憶の断片が次々に蘇った。昔、クレージーキャッツは面白いと思わなかった。日曜の夕方に放送されていた(と記憶している)「シャボン玉ホリデー」は嫌いだった。なのに、こんなにも鮮明に憶えている。大好きで夢中で観ていたはずのテレビアニメよりはっきり。不思議だった。

昭和30年代から40年代に生まれた最初のテレビ世代は、芸能界を一代で築き上げた渡辺晋という巨人の夢に多大な影響を受けていたことをこのドラマで初めて知った。そして、まさに昭和37年生まれの私など、テレビやエンタテインメントがなかったらいったい自分はどうなっていただろうかと考えさせられ、ぞっとした。
テレビは私にとって記憶。エンタテインメントは生きる支え。現在も自分も、すべては先人たちの夢の延長にあった。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-28 11:24 | 映画/TVドラマ | Comments(0)
2006年 05月 27日
今日のCD/Dvorak: Symphony No. 9 In E Minor
Dvorak: Symphony No. 9 In E Minor(ドボルザーク〜新世界)
/Chicago Symphony Orchestra

このシンフォニーを聴くと、あるボクシングの試合を憶いだす。
2000年10月11日。
WBA世界ライト級タイトルマッチ「畑山隆則vs.坂本博之」
その日、私は横浜アリーナの観客席にいた。
王者・畑山は挑戦者で日本人最強の名をほしいままにする
〝ハードパンチャー〟坂本と真っ向から打ち合い、そしてノックアウトに葬った。
畑山の閃光のようなワンツーを食らって坂本が崩れ落ちた瞬間の歓声と怒号。
あの凄まじい戦慄は未だに忘れられない。
しかし、不思議なことに、歳月を重ねるほど、
名勝負の記憶に占める二人の割合が変化していった。
今では勝者・畑山より、敗者・坂本の輪郭の方が鮮やかだ。
坂本博之は王者にこそ相応しい壮大なシンフォニーを入場テーマ曲にしていた。
ドボルザークの新世界。
もしかしたら、この勇気と希望に満ちた曲が
あの歴史に残る名勝負から〝敗北〟の二文字を掻き消してしまったのかもしれない。
[PR]

by leicacontax | 2006-05-27 06:58 | 今日のCD | Comments(0)