<   2006年 03月 ( 78 )   > この月の画像一覧

2006年 03月 31日
オペラ座の怪人
f0070556_18295633.jpg

WOWOWにて「オペラ座の怪人」鑑賞。
音楽も映像も美しい。有名な同舞台を忠実に映像化した作品でもあるらしい。
しかし……長〜いMTVを観たような感じ。正直、そんな印象しか残らなかった。

少し前、深夜に映画の「ラ・マンチャの男」(1972年イタリア映画。アーサー・ヒラー監督。ピーター・オトゥール、ソフィア・ローレン主演)を観て、それから帝国劇場の舞台へ足を運んだことがあった。
映画は想像していたよりも遥かに素晴らしかった。
そもそもミュージカルというジャンルと中世ヨーロッパという時代背景が苦手で、なおかつ、昔、映画雑誌などで見た脂っこくて埃っぽいスチール写真の感じが耐えられなかった私としては、まさに目から鱗。生まれついての食わず嫌いを克服したような驚くべき収穫だった。音楽も映像も新鮮でまったく古くない。それになにより、濃すぎて、どうしても子供の頃は受けつけなかったヒロイン・ダルシネア役のソフィア・ローレンの美しいこと! 美意識もまた大人になるものなのだとつくづく思い知った。
映画に衝撃を受けた分、なおさら舞台を観る時には緊張した。松本幸四郎にはもちろん期待していたが、それ以前に日本人が外国人の扮装をして翻訳した歌詞で唄う……私はどうしてもそれが駄目だった。さらに、映画で見直したソフィア・ローレンの役が松たか子というのも不安で仕方なかった(その時、私はまだ松たか子の女優としての華と力量を知らなかったのだ)。
はたして、それらの不安は舞台が始まるや瞬く間に消え去った。翻訳物ミュージカルに対する偏見と拒否感を、その舞台は完全に払拭してくれた。

そんなわけで、「オペラ座の怪人」には少なからず期待していた。
学生の頃に観たブライアン・デパルマ監督の「ファントム・オブ・パラダイス」に強烈な印象を受けたこともあって(「ファントム〜」も「オペラ座の怪人」を下敷きにしていた)、映画の始まりにはわくわくした。
結果として、「オペラの座の怪人」は映像の中のオペラ座から私を一歩も外へ連れ出してくれなかった。閉じた世界の閉じた物語ではある。が、胸を打つ作品というのは、必ず、そこではないどこかへ連れて行ってくれる。それが余韻となって心に残り、いつまでも熟成を続けて心を豊かにしてくれるものなのだ。残念ながらこの映画の印象はエンドロールが終わる前に跡形もなく消えてしまった。
金を湯水のように注いで作ったであろう豪華絢爛なCG映像には、チープなカルトムービーの扱いしかされていない「ファントム・オブ・パラダイス」に溢れていた切なさや哀しみは映っていなかった。
同じ仮面舞踏会の場面でも、スタンリー・キューブリック監督の遺作となった映画「アイズワイド・シャット」の奇妙な空気感は、なぜか脳裏に焼きついて離れない。
[PR]

by leicacontax | 2006-03-31 19:48 | 映画/TVドラマ | Comments(4)
2006年 03月 31日
今日のCD/AUTOAMERICAN(オートアメリカン)
AUTOAMERICAN(オートアメリカン)/BLONDIE(ブロンディ)

【今日の曲】 The Tide Is High(邦題/夢見るNo.1)
[PR]

by leicacontax | 2006-03-31 09:22 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 03月 31日
東京タワー34
f0070556_2254213.jpg

久しぶりにプレーンな東京タワー。
爽やか。東京にも空はあります。
[PR]

by leicacontax | 2006-03-31 00:04 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 03月 30日
今日のCD/Timeless(タイムレス)
Timeless(タイムレス)/SERGIO MENDES(セルジオ・メンデス)

【今日の曲】 Mas Que Nada〜Featuring Black Eyed Peas

ブラジル音楽は私にとって酸素のようなもの。
気分をリフレッシュしたいときには欠かせない。
しかし、濃い酸素の摂り過ぎは禁物。
HIP HOPとのカクテルは、軽く酔うにはちょうどいい。
[PR]

by leicacontax | 2006-03-30 17:33 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 03月 30日
LAST SHOW ラストショウ
WOWOWで録画した「LAST SHOW」(長塚圭史/作演出)を観た。
参った。昨年上演されたナンバー1舞台との評判にたがわぬ凄まじい芝居だった。
善良なだけで才能の欠片もないTVディレクター(北村有起哉。主人公)。かつての名子役でいまは落ち目のタレントの主人公の妻(永作博美)。動物愛護の旗手で平成の博愛主義者(古田新太。実はハンニバル)。視聴率のためという大義名分のもとに平然と他人のプライバシーに土足で踏み込むビデオカメラマン(中山祐一朗)。突然、ふらりと訪ねて来る主人公が幼い頃に別れた行方不明の父(風間杜夫。息子の妻を冒涜するのが目的)。そして「ワタシ」と名乗るこの世の者とは思えぬ謎の中年男(市川しんぺー)。登場人物はそれだけ。しかし、全編を隙間なく狂気と理不尽が埋め尽くす。
主人公と妻は劇中、しきりに「え?」を連発する。
最初は、何もかも自分とは違う他の登場人物たちを理解できない。やることなすことまったく意味が分からない。それは観ているこちらも同じなのだが、意味不明の言葉や行動に翻弄されているうち、じきに善悪や道徳のボーダーが崩れ、ただ、感覚だけが剥き出しになっていくような妙な高揚感に見舞われていく。そして、人間として一線を越えるのは、実のところそれほど難しいことでも特別でもないということに主人公と共に気づく。
グロテスクな物語。なのに、見終えたときには解放感さえ残る(それはあくまでも後ろ暗いのだが)。狂人にすれば正常と異常に境界はない。この世にボーダーはない。そう思えることが、おそらくは究極の自由。自由はおぞましい。だから、甘美なのだ。
常識とは、きっとそれを封じたパンドラの箱。やはり、開けてはいけない。
[PR]

by leicacontax | 2006-03-30 17:10 | 歌舞伎/演劇 | Comments(0)
2006年 03月 30日
東京タワー33
f0070556_227764.jpg

東京タワー〈夜桜編〉
[PR]

by leicacontax | 2006-03-30 00:56 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 03月 30日
東京タワー32
f0070556_2282034.jpg

東京タワー〈夜桜編〉
風に揺れる枝桜。
[PR]

by leicacontax | 2006-03-30 00:52 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 03月 30日
東京タワー31
f0070556_229404.jpg

東京タワー〈夜桜編〉
[PR]

by leicacontax | 2006-03-30 00:50 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 03月 29日
東京タワー30
f0070556_2311673.jpg

東京タワー〈夜桜編〉
[PR]

by leicacontax | 2006-03-29 22:34 | 東京タワー | Comments(0)
2006年 03月 29日
東京タワー29
f0070556_10253848.jpg

東京タワー〈夜桜編〉
[PR]

by leicacontax | 2006-03-29 22:32 | 東京タワー | Comments(0)