カテゴリ:今日のCD( 160 )

2007年 10月 11日
今日のCD/DE MI CORAZON AL AIRE
DE MI CORAZON AL AIRE/VICENTE AMIGO

今日の曲/Maestro Sanlucar

爽やかな気候になると、無性にいい音楽が恋しくなる。
「音楽」が、ではなく、「いい音楽」が。
1ヶ月ほど前、スペイン在住の友人から1枚のCDが送られて来た。
それがこのアルバム。本場のフラメンコギター。
昔から漠然とフラメンコギターに興味を持っていたものの、
何を聴けばいいのかわからないでいた私に、
極め付きの1枚をプレゼントしてくれたのだ。
彼に教えられて、はじめてフラメンコには「型」や、
それを代々継承する「家」の概念が存在することを知った。
フラメンコギターはジャズのようにテクニックとフィーリングにまかせ、
情熱のままにかき鳴らしているものとばかり思っていた私は、
ある種の血の哀しみや複雑な背景をそこに感じ、
以来、ギターの音色が少しだけ違って聴こえるようになった。
勝手な思い込みかもしれない。
が、センチメンタルという哀しみに近い感情は
間違いなく音楽を理解する大きな手助けになる。
ポジティブだけが、人生を豊かにするわけではない。
[PR]

by leicacontax | 2007-10-11 00:13 | 今日のCD | Comments(4)
2007年 06月 29日
今日のCD/疾風迅雷〜命BOM-BA-YE〜 
疾風迅雷〜命BOM-BA-YE〜/DJ OZMA

今日の曲/疾風迅雷〜命BOM-BA-YE〜
[PR]

by leicacontax | 2007-06-29 08:54 | 今日のCD | Comments(0)
2007年 02月 20日
今日のCD/MICHEL CAMILO & TOMATITO  SPAIN(ミシェル・カミロ&トマティート/スペイン)
SPAIN(スペイン)/MICHEL CAMILO & TOMATITO (ミシェル・カミロ&トマティート)

今日の曲/SPAIN(スペイン)

チック・コリアなら『SPAIN』がいいですよとbarramedaさんに薦められてチェックしたのですが・・・イントロで気付きました。以前からよく聴いていた曲でした(笑)。仕事のBGMに流している何枚あるのか数えきれないジャズのコンピレーション・アルバムの収録曲として馴染んでいたためタイトルを認識していなかったわけで・・・ジャズやクラシックは実にほとんどがこのパターン。iTuneでダウンロードするようになってさらにそれが加速・・・いけません、こんなことじゃ。すべてにマニアックである必要はないけれど、心に響いた作品のタイトルやアーティスト名を心に留めておく位は最低限の礼儀。反省です。

しかし、『SPAIN』についてネット検索したおかげで偶然、素晴らしい音楽と出会えました。ついさっきAMAZONから届いたこのアルバム、最高です! ジャズピアノとフラメンコギターのシンプルにして複雑なデュエットのなんという心地よさ。ハイテンションと抑制の超絶的バランス。想像していたよりもずっとモダンでクール──まあ、結果オーライということで、今日は自分を許します(笑)。反省することがあまりに多過ぎて、ちょっと身が持ちそうもないもので。
[PR]

by leicacontax | 2007-02-20 15:34 | 今日のCD | Comments(2)
2007年 02月 14日
今日のCD/Yo-Yo Ma Inspired by Bach
Yo-Yo Ma Inspired by Bach(バッハ:無伴奏チェロ組曲 全曲)/Yo-Yo Ma(ヨーヨー・マ)

今日の曲/Suite No.1 in G Major BWV1007 Prelude(組曲第1番ト長調 プレリュード)

バッハの無伴奏チェロ組曲はチェロのソロ・レパートリーの最高峰なのだそうだ。
この曲を来る日も来る日も弾き続けることでチェリストは己の技術を磨き、困難と向き合い、音楽の高みと奥深さを身を以て理解していくのだという。
この曲、たしかに弾き手によってずいぶん印象が変わる。
同じ組曲を演奏しているミッシャ・マイスキーのアルバムを聴くと、クラシック音楽の基礎知識も持ち合わせていない私のような者にも、わからないなりにその凄み(楽曲と演奏者両方の)がダイレクトに伝わって来る。雄々しく、宇宙へも届くのではないかという広がりは圧巻だ。
しかし、ヨーヨー・マのアルバムはまるでその逆。どこまでも柔らかい音色と流れるような演奏は、宇宙ではなく大地へ、聴く者の内側へゆっくり、じっくり滲み入ってくる。
バッハという完全なる音楽を通して浮き彫りになる西洋と東洋の感性の違い。
表現様式に洋の東西を隔てる壁はあきらかに存在するが、それをわきまえた上であるならば、表現者の解釈に壁はない。自由だ。厳格と自由。真の芸術はつねに二律背反のバランスによって成立する。
[PR]

by leicacontax | 2007-02-14 09:41 | 今日のCD | Comments(0)
2007年 02月 11日
今日のCD/CRYSTAL SILENCE
CRYSTAL SILENCE(クリスタル・サイレンス)
/CHICK COREA=GARY BURTON(チック・コリア=ゲイリー・バートン)

今日の曲/SENOR MOUSE(セニョール・マウス)

久しぶりにCDを買った。
高校生の頃に聴いていた「クリスタル・サイレンス」。
アコースティック・ピアノとビブラフォンだけのシンプルな演奏。
初めて好きになったジャズのアルバムだった。
「セニョール・マウス」はアル・ディメオラの「カジノ」というアルバムにも収録されていて、こちらのエレクトリック・ギターヴァージョンもポップで素晴らしい。
しかし、スパニッシュなリズムとメロディを、まさにクリスタルのように透明かつ硬質な響きで表現しているこのアルバム・バージョンはまた格別。
聴き終えたあとに残るその余韻──夢と現を彷徨う、目覚めの感覚に似ている。
[PR]

by leicacontax | 2007-02-11 01:27 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 12月 18日
今日のCD/Tchaikovsky Violin Concrto
Tchaikovsky Violin Concrto/諏訪内晶子

【今日の曲】Violin Concrto In D Major / III. Finale (Allegro vivacissimo)
[PR]

by leicacontax | 2006-12-18 00:00 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 12月 17日
今日のCD/Symphony No.9 "Choral"
Symphony No.9 "Choral"/Yutaka Sado

【今日の曲】IV.Presto-Allegro assai

歓喜! 歓喜! 歓喜!
[PR]

by leicacontax | 2006-12-17 00:00 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 12月 16日
今日のCD/Beethoven Symphony No.9 <<Choral>>
Beethoven Symphony No.9 Choral/小澤征爾

【今日の曲】第1楽章:Allegro ma non troppo,un poco maestoso
[PR]

by leicacontax | 2006-12-16 01:11 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 12月 15日
今日のCD/Ken Burns Jazz - Dizzy Gillespie
Ken Burns Jazz - Dizzy Gillespie/Dizzy Gillespie, Sonny Rollins & Sonny Stitt

【今日の曲】The Eternal Triangle

感性に滾(たぎ)りを!
[PR]

by leicacontax | 2006-12-15 00:44 | 今日のCD | Comments(0)
2006年 12月 14日
今日のCD/Inventions and Dimensions RVG 2005
Inventions and Dimensions RVG 2005/Herbie Hancock

【今日の曲】Succotash

アスファルトの放射冷却。
凍える空気に走る緊張。
リフレインは都市の鼓動。
[PR]

by leicacontax | 2006-12-14 00:00 | 今日のCD | Comments(0)