2007年 02月 28日 ( 2 )

2007年 02月 28日
ドリームガールズ
先日のアカデミー賞で話題になったドリームガールズ。劇場の混雑が予想されたため、先週末、賞の発表前に観に行って来た。伝説的ブロードウェイ・ミュージカルの映画化だけに、音楽シーンのクオリティが高く、とくにアカデミー助演女優賞を獲得したジェニファー・ハドソンの絶唱シーンは鳥肌モノ。この作品が演技初挑戦とは思えない堂々たる女優ぶりといい、こういった才能が後から後から続くあたり、さすがアメリカはエンタテインメントの本場だと再認識させられた。モータウンサウンド('70年代を席巻した、いわゆる黒人ディスコ・ミュージック)に懐かしさを覚える人なら、まず間違いなくノレる、楽しめる映画だと思う(ビヨンセがどんどんダイアナ・ロスそっくりになっていくあたりがまた面白い)。

が、物語は黒人による公民権運動が激化した'60年代を背景に、蔑まれ続けた黒人音楽がジャンルとして認知されるまでのアメリカ音楽シーンのダークな業界内幕もので、決して単なるサクセスストーリーではない。人間関係もどろどろの愛憎劇。それでも、そこはミュージカル。登場人物の感情の発露をすべて音楽に託し、あくまで夢の世界であることを逸脱しない。劇中のステージングはすべて第一級のショータイム。しかしながら、むしろそれが洗練され過ぎているせいでジェニファー・ハドソンの泥臭い熱唱シーン以外の印象を殺いでいるといえなくもない。主演のジェイミー・フォックスの抑えた演技やビヨンセの美しさ、吹き替えなしで見事な歌唱力を披露しているエディ・マーフィだって素晴らしいのに、である。

2時間10分の上映時間があっという間で物足りなさを感じさせるのはエンタテインメントとして成功している証。終わってみればサクセスストーリーを観た心地よさしか残らない。でも、この映画にとって、はたしてそれは幸福なのか? 音楽映画の名作 『ローズ』や『オールザットジャズ』を観た後にいつまでも消えなかった切ない余韻を憶い出し、ふと疑問も残った。
[PR]

by leicacontax | 2007-02-28 15:17 | 映画/TVドラマ | Comments(2)
2007年 02月 28日
東京タワー310
f0070556_1293433.jpg
〈LEICA D-LUX2〉 *画像クリック=拡大。
[PR]

by leicacontax | 2007-02-28 01:30 | 東京タワー | Comments(0)