アートワーク2 ─水によせて─ 久家三夫 洋画展

f0070556_22515089.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉高校時代の恩師・久家三夫先生の個展へ。場所は昨年と同じ、渋谷・東急本店8階美術画廊。一段と透明度を増した〝現代の祭壇画〟と呼ばれる久家先生の静謐なる祈りの世界。私にはまるで会場全体が、清浄な空気に充ちているように感じられました。
f0070556_23261717.jpg

f0070556_23274587.jpg
〈LEICA DIGILUX3〉3連休を利用して福島県郡山市から来場されていた久家先生。普段、先生は画業の他に郡山女子大学短期大学部教授として多忙を極めているため、こうしてお会いできたのもちょうど1年ぶり。つい長居を決め込んで昼食まで御馳走になってしまい、かえって恐縮・・・。でも、私は楽しい話の合間を縫って写真を撮らせていただきながら、先生の顔色が去年よりずっとよくなられているのをたしかに感じ──なによりそれを嬉しく思っていました。「懐かしいという感情はそんなに悪いものじゃない。大切にした方がいい」何気ないその言葉も、胸に滲みました。先生、ありがとうございました。

〈アートワーク2─水によせて─久家三夫洋画展〉
 渋谷・東急本店8階 美術画廊にて2月13日(水)まで。
[PR]
Commented by sato-tos at 2008-02-12 21:48 x
こんばんわ。
素敵な個展だったようですね。久家先生のお写真を含めて、冷静にその作品の素顔を映し出しているように感じます。あまり、絵には詳しくないですが、私、シャガールが好きです。

自分の思いを表現できる絵という世界・・とても素敵ですね。
私もぜひ、実物をはいけんしたいなぁ・・とちょっと好奇心むくむくです。(笑) leicacontax さんは、素敵な出会いをされているようですね。
Commented by leicacontax at 2008-02-13 02:26
素晴らしい作品でしょう(笑)。
私も先生の指導のおかげで絶体絶命の崖っぷちから一発逆転で美大へ進学することができましたし、なにより、人生における表現と思考の大切さを教えていただきました。
昨日は還暦を過ぎてますます旺盛な先生の創作意欲を目の当たりにして、やらねば! と、しばし忘れていた攻撃的な気持ちが蘇るのを感じました。
by leicacontax | 2008-02-12 01:02 | アート | Comments(2)