決闘! 高田馬場

f0070556_23364784.jpg


渋谷PARCO劇場にて「PARCO歌舞伎 決闘!高田馬場」(三谷幸喜/作・演出 市川染五郎/主演)観劇。
今年は1月に市川海老蔵主演の「信長」以来の芝居見物。「信長」にはもどかしい思いしか残らなかったこともあって(海老蔵がまったく生かされていない毒にも薬にもならない平凡な芝居に、正月早々寒い思いをさせられた)、今回は期待半分、怖さ半分で観に行った。

最近、小劇場の有名演出家による新作歌舞伎が脚光を浴びている。野田秀樹による「野田版 研辰の討たれ」や「野田版 鼠小僧」は共に歌舞伎界からも高い評価を受けた。しかし、私は野田版の歌舞伎には少しも歌舞伎の醍醐味を感じなかった。単に歌舞伎役者が出ている、いつもの野田演劇としか思えなかったのだ(自らの芝居を「いのうえ歌舞伎」と称する、いのうえひでのり率いる劇団☆新感線の芝居の方が100倍歌舞伎! そう思っている)。
歌舞伎座で上演された有名演出家による新作歌舞伎に限れば、昨年の蜷川幸雄演出による「十二夜」は素晴らしかった。歌舞伎の様式美の新解釈と歌舞伎役者の新しい魅力を引き出してみせた手腕は見事なものだった。

で、三谷幸喜の「決闘! 高田馬場」である。
よかった! 面白かった!
最高かと問われれば、まだもっと良くなると思われる点も多々あるといえるが(なにせ今日は上演2日目。芝居は生き物。まだ固まっていない箇所があるに違いない)、PARCO劇場という空間が持つ性質にぴったりはまっている三谷芝居と、歌舞伎的演出も違和感なくとけあっていて心地よかった。
蜷川演出「十二夜」の成功の要因もそうなのだが、この「決闘! 高田馬場」も歌舞伎役者の新しい引き出しを開いている点がいい。
主演の染五郎は新感線での芝居のイメージもあってそれほど新鮮味はない(現時点では予想の範囲内の出来栄え。そもそも、染五郎という人は苦悩する役が似合わない。新感線での芝居くらい徹底的に叩きのめされる場面をつくらないとこの人は可哀想に見えない。それは御曹司、天才肌の役者が越えなければならない壁かもしれない)。
しかし、市川亀治郎、市村萬次郎の決して歌舞伎では見られない快演(怪演)には参った! それにしても、亀治郎の女形のあのリアリティはなんなのだろう。若いのによっぽど遊んでいるとしか思えない味を感じさせる。ああいう女、絶対いる! 爆笑なのである。
萬次郎は歌舞伎の舞台でオーソドックスにやればやるほどおかしみが滲み出る独特の雰囲気を持つ女形(と、常々私は勝手にそう思っていた)なのだが、その雰囲気を当然のように三谷演出は面白さに転化させていて痛快だった(よくぞ萬次郎の面白さに気づいてくれた! という感じ)。
三谷作品の大河ドラマ「新選組!」でも光っていた中村勘太郎は、若いのに相変わらず本当に芝居が巧い。しかも、嫌みにならず爽やか。それが天才の血筋を引く彼の才能なのだとあらためて感じ入った。出演はすべて歌舞伎役者。三谷芝居の品の良さと歌舞伎役者は、そもそも相性がいいのだろう。

まだこれからこの芝居をご覧になる方がたくさんおられると思うので細かい事は書かない。
ただ、これだけは言える。
三谷幸喜は小細工なし、直球で歌舞伎に取り組んだ。
その潔さが何よりこの芝居の魅力だ。
[PR]
Commented by leicacontax at 2006-03-07 20:27
3月7日、朝日新聞夕刊芸能欄より抜粋。

中村勘太郎の又八は、世論を代表し、安兵衛の優しさを支持している。優しさは、彼が強さを失うことで得た。又八は一方で、強いヒーローを求めていて、そこに世論の矛盾がある。勘太郎は食い違う気持ちの揺れを、鮮やかに形作っていく。
(文/天野道映・評論家)
by leicacontax | 2006-03-04 00:14 | 歌舞伎/演劇 | Comments(1)